メニュー

湯灌事業

ハナミズキ

概要

最愛の人へ 最後に最高のプレゼントを

現世での穢(けが)れや苦しみの一切を浄化し、穢れなき姿で来世への旅へ送り出したいとの思いは、ご遺族の皆様の願いではないでしょうか。「湯灌」(ゆかん)は、指一本一本の爪切りから全身、洗髪に至るまで洗い清めます。

最近は病院での「アルコール清拭」が一般的になってまいりましたが、人生の最後を迎える厳粛な葬儀において、「湯灌」はご遺族の皆様に大変喜ばれており、ご要望も増えつつあります。様々なものが省略される現在において、当社では故人の尊厳を重んじ「最後までご本人らしく」をモットーにお手伝いさせていただきたいと思っております。

湯灌の儀

故人の人柄を偲びつつ体を洗い清めて、現世の苦悩や煩悩を取り去り
穢れなき姿で来世の旅へ送り出す厳粛な儀式です。

1.ご挨拶
ご家族の方に儀式の説明をさせて頂き、湯灌の儀がはじまります。
2.準備
湯灌に必要な浴槽の搬入などの準備をさせて頂きます。
3.逆さ水の儀式
逆さ水の儀式
準備が整いましたら皆様にお集まり頂き「逆さ水」の儀式をさせて頂きます。
逆さ水とは、通常はお湯にお水を足してぬるま湯を作りますが、ご葬儀事では「逆さ事」と言い、お水にお湯をたしてぬるま湯を作ります。この逆さ水を現世での苦悩や煩悩を洗い清められますようにと願って故人様におかけする儀式です。
4.洗顔・洗髪
洗顔・洗髪
故人様のお爪をお切りした後、洗顔、洗髪を致します。男性は髭剃り、女性はお顔の産毛剃りもさせて頂きます。
5.洗体
洗体
左足から右足と言うように、逆さの作法に従って全身をシャワーで洗い清めます。ご希望により、ご一緒にお洗いして頂く事も出来ます。
6.処置
点滴の跡や傷で出血されている場合等は、包帯等で処置をさせて頂きます。
7.着付け
着付け
お布団にお移しした後で着物をお着せ致します。故人様にお着せしたい洋服、お着物をご用意して頂ければ、可能な限りお着せする事が出来ます。この時、女性はもちろんの事、男性の方もお化粧する事が出来ます。
8.片付け
湯灌の儀に使用した浴槽等の片付けをさせて頂きます。
9.ご挨拶
儀式の最後にご家族の皆様にお集まり頂き、儀式の終了とさせて頂きます。

Q&A

Q.どこで行うのですか?

A.基本的に畳2枚程度のスペースがあればどこでも大丈夫です。

Q.何か準備するものがありますか?

A.全てこちらで準備致しております。特にご用意して頂くものはございません。

Q.何時でも行ってもらえますか?

A.当社は24時間体制ですので、お客様のご都合に合わせてお伺い致します。

Q. 儀式が終わるまで立会いが必要ですか?

A.お立会いはお客様のご自由となっております。もし、お忙しい場合は、私共の方でさせて頂きます。

お問い合わせ

湯灌についてのお問い合わせ先
TEL 095-894-9505

page top ▲